© 2016 by HITOSHI KOKUBO ARCHITECTURE OFFICE.

旅行記事

スペイン 3

3/18/2016

 本日はビルバオへの移動日。見学予定なし。朝食をとりながらバスターミナルへ向かう。朝食はパニーニ、ズッキーニ・チーズ・玉ねぎ、あと何だ?よく分からないがゴロゴロのっているやつを注文。オーブンでさっと温めてもらい路上で食べる。ホテルからの往来でランブラス通りがメインになっているが、この通りは車道の間に幅10Mぐらいの歩道があり、そこで仮設の店舗やら大道芸の人混みで賑わっている。交通網の便宜性だけに特化せず、賑わいをもたらす余白の仕掛け。日本も見習いたいものだ。バスターミナル、片言の英語だけで親切なスタッフが乗車券を目の前で購入してくれた。出発は10分後。いつもは出発に待ちぼうけまくりが通例となっているだけに何か運がいいぞう。が、ビルバオまで9時間。ひいぃぃ。

 でビルバオ着。突然の知らない地方に完全に方向感覚を失うが、そもそも方向感覚などあった試しなし。頼りはWifiとナビ。にも関わらずナビの軌道に乗らず辺りをぐるりと一周で結局人に尋ねる。ホテルまでのルートに当たりがついたので、適当なカフェで夕食をとる。ビールとキッシュとパンの上になんか乗ったやつを誂える。どれも美味い。そういえばスペインにて初ビール。ようやく旅の緊張を解きほぐすように喉ごしから染みわたる。くふぅ~。会計は8.9€。朝のパニーニが一つ7.5€。値段をほとんど確かめず注文しているが、値段のバランスがどうも日本と違う。朝パン一つに1000円だったよ。正気か。

 ホテルはユースホステル。ビルバオは地方ということもあり、相部屋は無人だ。ちょっと安心、ちょっと物足りない。

Please reload

フランス1

4/7/2014

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic